WEDDING ESSAY

DRESS&TUXEDO VOL.4

DRESS&TUXEDO VOL.4

愛らしいピンクに情熱のレッド、爽やかな風を運ぶグリーン、ピュアな心を映すブルー……。
纏うだけでさまざまなテイストに染め上げてくれるカラードレスは、いつだって花嫁の心に高揚感を与えてくれる。今回はそんなカラードレスの“今”のトレンドをクローズアップ。
カラーをリンクさせたメンズスタイルのポイントもしっかりおさえて、素敵なペアコーディネートで会場の雰囲気を盛り上げて!

花嫁をときめかすカラードレスの進化は止まらない!

花嫁をときめかすカラードレスの進化は止まらない!

カラードレスの最旬ムーブメントでまず欠かせないのが、すでにブライズたちの間で話題になっている「ミックスカラー」だ。
チュールやオーガンジーなどシアー素材をメインに用いて、1(BLD-00006-25)のようにピンク、ブルー、イエローなどマルチカラーで彩ったデザインがSNSでも話題沸騰。トレンドを程よく取り入れたい花嫁は、ポイントとして刺しゅうでミックスカラーを取り入れた2(HAD-03084-10)をリコメンド。
花嫁が求めるファンタジックな世界観を旬なスタイルで打ち出すデザインは、今後もさらに人気がヒートアップする予感。
また今どき花嫁のマストポイントである“写真映え”を叶えてくれる「プリントドレス」も多彩なデザインで登場。
ビジュアルコンシャスなプリントを全面にあしらった3(HAD-03088-16)から、さりげなくオーガンジーの下に重ねた4(BLD-00010-06)まで、プリント生地の使い方であらゆるテイストを表現できるのも魅力のひとつ。
カラフルな色使いで見ているだけで胸が高鳴るカラードレスを、ぜひ改めて注目してみてほしい。

“さりげないカラーリンク”がこなれカップルの決め手

“さりげないカラーリンク”がこなれカップルの決め手

カラードレスに合わせるメンズフォーマルでキーワードとなってくるのが「カラーリンク」。そこでおすすめしたいのが、「さりげないカラーリンク」で見せるテクニカルな色遊びだ。
例えば赤いカラードレスにあえて反対色のグリーンのタキシード1(20296)をチョイスして、チーフやソックスで赤を利かせたり、パステルブルーのドレスの時は2(20356)のように蝶タイやベストにカラーを宿すのも粋なスパイスとなる。
さらにペアコーデのリンク感を意識したいふたりは、小物の色合わせだけでなく「トーン合わせ」が大事なポイントに。
人気を誇る柔らかなベビーピンクのドレスを例にするなら、同じく優しいカラートーンのロイヤルベージュ3(20328)やライトブラウン4(836)をセレクトするのがGOOD。
ふたりの仲の良さを物語りながらも新郎のオリジナリティーも醸し出す。そんなさりげないリンクコーデをふたりらしく楽しんでみては?

WRITING BY AYA ISOBEWRITING BY AYA ISOBE

aya_isobeエディター&スタイリスト
磯部 彩
isobe aya

武蔵野美術大学卒業後、津田美絵氏に3年間師事したあと独立。
現在「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」「ゼクシィ国内リゾートウエディング」
「ゼクシィ海外ウエディング」「MISSウエディング」など多くのブライダル雑誌で
編集&スタイリングを手掛けるほかWEBサイト「SPUR.JP」でも
ウエディング記事を定期配信中。

  • エディター&スタイリスト
  • 磯部 彩
  • isobe aya

コンテンツ一覧へ