USER’S SNAP

with a WISHのタキシードをお召いただいたお二人さまをご紹介します。

main

vol.09

Hiroki & Yuri

Wedding reception & party at Mia Via

明るい緑と光に包まれて笑顔と笑顔が近づく、Slow wedding

大阪府内でも珍しく、広い敷地にグリーンが溢れる邸宅ウエディングの会場は全天候型ガーデンも携えて、かけがえのない時間がゆっくりと流れていく。

ゲストの皆さんに「喜んでいただけることとは一体何なのか?」

最初にふたりで決めた「結婚式で大切にしたいポイント」がこれでした。
きちんと厳かな式をして、お待たせする時間などもなく、座席も自由に腰掛けていただき、私たち新郎新婦に気軽に話しかけられる…そんな空間作りを意識しました。

その甲斐もあり、15メートルものヴァージンロードを有する美しいチャペルでの挙式からパーティへの導線も実にスマートに進んだ。
挙式後のガーデンではゲストとの距離を縮めるため、高砂をローテーブルとソファーにし、全員がリラックスした様子でアミューズを楽しんだ。

その明るい雰囲気にはウエディングらしいふたりの白の衣装がとてもまぶしい。
クラシカルなオフショルダーが特徴的なAラインのドレスに、彼もテイストを合わせた柔らかなオフホワイトの新郎用モーニングでエスコート。
爽やかで賑やかなムードに溶け込み、シーンにマッチした様子が伺えた。

img02

暖かくもドラマティックなハイライト

ガーデンから場所を移してのパーティ後半はきらびやかなペンライトの海からスタート。
ふたりを照らすスポットライトとペンライトの光に包まれ、ゴージャスな装いでの登場はとても印象的。
細身のシルエットにネイビーブルーが鮮やかなショールカラーのタキシードにスパンコールが瞬く赤いドレスのカップルコーディネートは「上品でゴージャス」というテーマに沿って選んだことで、とても統一感がある。

特に新婦のカラードレスと同色のペンライトを偶然に手にしていたゲストにはプレゼントも用意され、ウエアと演出がリンクする楽しい瞬間を作り出していた。

各テーブルで記念写真をスナップしながら時は流れ、再び会場は暗転し、ふたりとご家族にスポットが当たる。
まばゆい光の中で花嫁は最後の感謝の手紙を読み上げ、花婿の謝辞でパーティはエンディングを迎えた。

1日中、笑顔の絶えないゲストの方々も真摯に耳を傾けたこの瞬間はこの日一番の温度を持ったハイライトとなった。

後になり、結婚式を振り返ってみてふたりは語る。
「準備の過程では意見がぶつかることもありましたが、ふたりで話し合い、決めていくことで絆が確かに深まりました。
これから結婚式を迎える方々にも、納得いくまで話し合って、素敵な結婚式を迎えてほしい」

最初に決めたブレないポイント「ゲストに喜んでいただくこと」があったからこそ、ゲストとの距離も縮まり、「楽しかった」の声がいくつも聞こえる素晴らしいおもてなしの結婚式となった。

私たちに忘れかけていたおもてなしの基本を振り返らせてくださったおふたりさま、末永くお幸せであってください♡

img03

このカテゴリの過去記事一覧

コンテンツ一覧へ