COLUMN

tax_select

2017/02/03タキシードの選び方

聞きたい!取り寄せてレンタルするタキシード4つのヒミツ

取り寄せレンタルタキシードって、何のこと?

 

 

「詳しく聞きたかったんですよ、実は。」

最近、お目にかかるウエディング関係の業者さんや新郎新婦さまに

よく言われるお言葉がこれでした。

読んで字のごとく…とはいかないようですので、

改めて解説させていただきます!!

 

 

 

結婚式の新郎の衣装って?

 

 

そもそも結婚式で新郎って何を着るのが正解?

 

これもよく聞かれる質問なので、

かんたんに回答させていただきます。

 

 

新郎が結婚式でレンタルするタキシード

 

 

花嫁はごく当たり前のようにウエディングドレスを着ます。

このドレスをエスコートするのが結婚式の主役の一人、

そう新郎です。

 

 

新郎は決して花嫁の添え物ではなく、

 

結婚式の主役の一人なのです。

 

 

ということはウエディングドレスを引き立てるものではなく

ウエディングドレスとクラス感が揃ったものを着ること

まずは望ましいと答えています。

 

英国発祥で欧米諸国での服装規定として

「ドレスコード」というものがあります。

 

時間帯やシュチュエーションにより、

よりふさわしい装いをするためのガイドラインのようなものです。

 

日本では厳密なルール浸透しているわけではありませんが、

先に述べたような「よりふさわしい装い」が大きなヒントのように思います。

 

結婚式という「式典」に参列し、

花嫁の一生に一度のウエディングドレス姿をエスコートする装い。

豪華な披露宴や少しカジュアルなウエディングパーティを

楽しく過ごすための装い。

 

 

それはいわゆる「スーツ」ではなく、

やっぱり「タキシード」だと思います。

 

 

なぜなら「タキシードはフォーマルウエア」だから。

 

 

 

新郎が結婚式でレンタルするタキシード

 

 

ドレスコード的には夜間の礼装として分類されていますが、

日本の結婚式で用いられるタキシードは

正式なタキシードを

日本式にアレンジデザインした独自のものがほとんど。

 

なので、時間帯のルールはあまり気にせず、

 

 

「新郎は結婚式でタキシードを着る」

 

 

正解だとここでは定義付けしたいと思います。

 

 

 

新郎の衣装はどうやって準備をする?

 

 

では、そのタキシードはどうやって準備をするのでしょうか?

まず、選択肢としては2つ。

 

・買う

・借りる

 

買いたい場合は思いのままにオーダーするもよし、

2次利用を考えて買うのもよし。

 

ただ、気をつけていただきたいのが、あまり後の使用を考え過ぎると

華やかなウエディングドレスとの釣り合いが悪くなる場合もあります。

 

フォーマルな場で着るにふさわしいかどうかを考慮されることがポイントです。

 

 

新郎が結婚式でレンタルするタキシード

 

 

借りるとなると手軽な気がしますが、何かリスクは潜んでいるのでしょうか?

 

まず、ウエディングドレスやカラードレスと違って

タキシードの専門店と呼ばれるお店は極端に少ないこと。

その分、大半の貸衣裳店やドレスショップには

レンタルタキシードはラインアップされています。

 

しかしながらドレス中心のお店の店頭には

案内してもらえるタキシードが少ないのが実情です。

 

多くて10種類くらいでしょうか?

 

その中から着たい色、似合うデザイン、ドレスとのマッチング、

サイズ感、挙式当日のレンタルが空いているかどうか…

 

残念ながら「心から大満足!」という選び方には

ほど遠いような気がします。

 

中には優柔不断な性格の方で、逆に選びやすくていいという方も

いらっしゃるかもしれませんが、一般論ではないような気がします。

 

そこで得られない満足を満たす方法があるのをご存知かどうか?

 

いよいよ核心の本題に突入です!

 

 

 

取り寄せレンタルという選択肢

 

 

日本の結婚式にウエディングドレスやタキシードが根付いて約50年。

 

その間でも新郎のレンタルタキシードにおいては

満足と不満が混沌と共存してきたように思います。

 

しかしその不満を唯一満たせる方法があるのです。

 

 

それが取り寄せて、レンタルする、タキシードがあるということ。

 

 

新郎が結婚式でレンタルするタキシード

 

 

誰でも初めてのタキシード選び、

一体どんなタキシードがいいのかなんて

なかなかピンと来るはずもありません。

 

そこには専門家として、数々のウエディングに立ち会ってきた

プロのアドバイスはマストだと思います。

 

だからわからない人がわからないまま選んでしまう、

自宅にタキシードが届くようなレンタルでは不満が残ってしまいやすい。

 

ならば、プロアドバイザーのいるホテル・式場系の提携衣装室や

最寄りのドレスショップで試着したくはありませんか?

 

そうすれば、自分たちの結婚式のロケーション、

花嫁のドレスとのバランス、身に合ったサイズ感、

それら全てにアドバイスがもらえるので、

 

自信を持って「これを着ます!」と選べるはずです。

 

取り寄せレンタルタキシードを取り寄せる場所は

 

 

全国のホテル・式場系の衣装室や提携店、

 

最寄りの貸衣装専門店やドレスショップのみです!

 

 

しかも普段は限りある店頭スペースで

申し訳なさそうにラインアップされた数種類のタキシードだけではなく、

 

そこにはない好みの色やデザインのタキシードも

取り寄せレンタルなら叶えることができるのです!

 

 

新郎が結婚式でレンタルするタキシード

 

 

 

取り寄せレンタルタキシードのwith a WISH なら

 

 

タキシード、モーニングコート、テールコートといった新郎用の

 

フォーマルウエアが121種類と業界最多のラインアップ。

 

 

デザインによってサイズ展開が異なるものもありますが、

 

 

身長160センチでウエストが72センチと小柄な方から

 

身長190センチでウエスト134センチの大柄な方まで

 

実に49種類ものサイズ展開とこちらも業界最多のラインアップ。

 

 

 

取扱登録している店舗は全国に3.000店以上あるということは

ほとんどのお店で取り寄せレンタルをされた実績があるということ。

 

これは試してみる価値がありそうではありませんか?

 

 

取り寄せレンタルってどうやるの?

 

ここまでのお話で取り寄せレンタルタキシードに

関心を持たれた方もいらっしゃるかと思います。

 

ここからは実際の借り方をお伝えさせていただきたいと思います。

 

 

新郎が結婚式でレンタルするタキシード

 

 

まずはどこで借りるかを決めるといいでしょう。

結婚式を挙げる会場の衣装室や提携店、

花嫁がドレスを契約しているお店などに

「取り寄せレンタルタキシード」の取り扱いの有無を

直接訪ねてみてください。

 

その際に、実際に気になっているタキシードの品番などが

お伝えできると最高です。

 

 

「この○○○○○番のタキシードが着たいのですが、

取り寄せはしていただけますか?」

 

 

この一言をお申し出ください!

 

店頭で直接アドバイザーにお伝えしていただいた場合は

 

その場で採寸もお願いすると

試着の際にはより身体に近いサイズが届くことでしょう。

 

 

またレンタル価格についてもよく聞かれるのですが、

取り寄せレンタルタキシードのwith a WISH は

あくまでタキシードの製造メーカーです。

 

そのため、一般のお客さまへの直接レンタルは行っておらず、

オープンレンタル価格になります。

 

 

お取り扱いいただく店舗ごとにシーズンプランなど

様々な価格が用意されているはずですので、

こちらも直接、店舗でお訪ねください。

 

 

詳しくはwith a WISH 公式HPの How to Rentにも記載があります。

コチラ→

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

実はお店で聞いてみるだけ、簡単・便利な取り寄せレンタルタキシード。

今回の記事をきっかけによりたくさんの肩にご利用いただけることを

スタッフ一同、願っております。

 

 

with a WISH 公式HPはコチラ→

このカテゴリの過去記事一覧

コラム一覧へ